Home Decorating お店を開きたいならば店舗デザインの考え方を身につけよう

お店を開きたいならば店舗デザインの考え方を身につけよう


店舗デザインのポイントは入り口にあり

これから店舗を開きたい場合には、店舗デザインに力を入れるべきでしょう。なぜなら、店舗デザインだけでお客さんを集めることが可能だからです。そのためには、まず入り口付近が魅力的でなければお客さんが入って来ません。そして、お客さんが入りやすいように人通りのある道路に接している建物を選ぶ必要があります。可能ならば、2階より上の階にお店を開くのではなく、通りから見える1階の部分にお店を開くべきです。

入り口は、段差があるところを避けなければなりません。段差があるところは、それだけで入りにくい印象を与えてしまうからです。また、外側からお店の中身を見せる工夫をするべきでしょう。お店の種類にもよりますが、エステサロンなどを開く場合はお店のカウンターあたりまで外から見えるようにすると、お客さんにも安心感が生まれ入店しやすくなります。

お店の方向性とデザインを統一する

お店のデザインは、どのようなものでもよいわけではありません。この点、流行のデザインを採用すればお客さんが入ってくると考える人もいるかもしれません。確かに、流行は客入りにも影響することは確かです。ですが流行が去った時にはめっきりた客入りが減ってしまうことを考えれば安易に追うべきではありません。それでも、店舗デザインとお店の方向性を統一する方が重要です。例えば、自然食品を扱うお店を開く場合には、可能な限りシンプルなお店の造りにする必要があります。棚などもあまり加工していない木材を使うことで、自然食品の良さを引き出すこともでき相乗効果を生み出すでしょう。

店舗デザインとは実際に店舗として動かす中で非常に大切な役割を果たすものです。そのため、専門家等と十分な相談が必要です。

店舗の内装の記事
内装工事の更新情報