Home Decorating 更新料がかからない傾向の北海道における賃貸物件の探し方について

更新料がかからない傾向の北海道における賃貸物件の探し方について


家賃の高い家は更新料も高くなる

全国各地に賃貸物件は2年契約が基本となっており、定期借款物件でなければ基本的に更新が可能です。ただし、更新料は5000円・1万円程度では済みません。家賃1か月分を更新料として徴収するケースが大半を占めており、家賃12万円の家に長く住み続けるとなると更新料を含めて考えた場合、実質的な家賃は12万5000円に跳ね上がります。もし、それがどうしても嫌な場合はなんとかして少数派の「更新料なし」物件を探すしかありません。ただ北海道に関しては独自の風習があり、物件検索サイトで確かめてみるとすぐにわかる事ですが大半の賃貸住宅は更新料が0円です。そのため、東北地方に住んでいる方々の中で、更新料の高さにウンザリしているような方がいましたら、身近な北海道に移住するのも良いかもしれません。

北海道の賃貸住宅に住む場合の注意点

更新料がかからない傾向である北海道の賃貸物件を選ぶ場合には幾つかの注意点があります。雪が降らない地域にしか住んだ事がない人にはわからない事ですが、北海道は真冬に豪雪と吹雪に襲われる日がよくあります。除雪が済んでいない朝などは相当慣れていないと普通の歩行スピードで歩く事は困難で、会社や学校の遅刻につながりかねません。そのため、冬の厳しい環境を考慮して少しくらい家賃が高くても地下鉄もしくは路面電車の駅から近い場所に住むようにしてください。また、温暖な気候の地域においてはエアコンがあらかじめ付いているのが当たり前ですが、北海道の物件に関しては、エアコンがついていない物件が大部分を占めます。暑がりの人は夏場に苦しむ事がないようにエアコンの有無をよくチェックしましょう。

北見の賃貸ではオートロックになっているマンションが多くあり、一人暮らしでも安心できる物件が豊富です。

詳細はこちら